美と夢の神社プロジェクト

NPOオプションランド国際交流協会とタッグを組み、
現「走り乃神社」は、走る夢を持つ全ての人々のために「走夢神社(仮)」として生まれ変わります。
2020年公開に向け各種イベントも企画中!ご期待ください。

また飛騨地方には、かつて八百歳を過ぎてもなお若々しい比丘尼が住んでおり、目も覚めんばかりの絶世の美女であったという伝説が残されています。
この「八百比丘尼」を美の神として祀り、美しいとはどういうことか考えていただく空間「美女神社(仮)」をつくります。